my activity in MMT

10年前に結成した謎のチーム『MMT』の一人活動ブログ。 基本、個人的な日記・趣味の内容…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

釣り。

メバル調査に行って来ました。

ここんところデイでハゼクラばかりだったのでナイトゲームは久々です。

いつもの場所で調査開始。

やあ、久しぶり。

壁際を通すと当たりが出ます。



18〜20センチのまずまずのサイズが3匹くらい釣りました。

よく引きました。

セイゴはすぐばれます。

珍客海タナゴ。

20超えのメバルかと思いました。

この日は2時間半くらいでメバル20、ガシラ10ちょい、セイゴ数匹、海タナゴ1でした。

大変満足です。

ペティナイフ。

先日の三徳包丁に続き、ペティナイフも新調してみました。

藤次郎。

箱入りです。

三徳包丁と合わせて関孫六で行こうかと思ってましたが、日本製で同じような値段のところで違うメーカーのも使ってみたくなったので、メーカーを変えてみました。

早速開けてみます。

柄が思ったより細いです。

関孫六のような波の模様はありませんが、良く切れそうです。

話は変わり、9月最後に行ったハゼクランク。

前回持ち帰りして美味しかったので今回もとクーラーボックス持って行きましたが、ウロハゼ含め、4匹のお持ち帰りのみとなってしまいました。

この時は大潮満潮とボトム擦るのが大変な状況で悪戦苦闘でした。

ヒットしても、

チーバス。

とか、ウグイとか。

釣れたは釣れたで嬉しいんですが。

ハゼのシーズンもあと少し。

今シーズン機会があったら、ハゼクランクまたリベンジしなきゃです。

タイカレー。

実家の玄関でタイカレーを作ってみました。

昔買ったプリムスのツーバーナーでクッキングです。

タイカレー作りましたっても一から作るのでは無く、ご飯はターメリック入れて炊いて、カレーはカレー缶に鳥肉を追加して温めるだけです。

タイカレーの缶には唐辛子マークが5段階表示されており、今回の買ったグリーンのは唐辛子5の表示です。
どれくらい辛いのか楽しみです。

米は2合。

といだ米にターメリックを入れて火にかけます。

鍋が小さいので1合が限界かと思いましたが、2合入れて挑戦してみました。

カレーに追加する鳥肉をオリーブオイルで炒めます。

タイカレー缶投入。

煮込みます。

グツグツ。

ご飯が炊き上がりました。

30分くらいで炊けました。

2合大丈夫でした。

そこへ鳥肉インのタイカレーをかけて完成です。

鳥肉追加で豪華です。

早速食べてみます。

さすが5の辛さ、ココナッツミルクの甘さの後にピリッと来ます。
これはおいしい。
ターメリックライスもおいしく炊き上がってます。

キャンプ気分でクッキング、おいしく出来て満足です。

釣り。

シルバーウィークの真ん中で親戚のおじさんと義弟とハゼ釣り行って来ました。

今回は青イソメを使ったエサ釣りに挑戦です。

前日おじさんと義弟が行って調子の良かったポイントです。

1投目から当たりまくりの爆釣でした。

PEラインでエサ釣りやったので、当たりがとても鮮明で面白いです。

ハゼクランクも試しましたが、1バラしのみでした。エサで爆釣だったのでハゼクランクも爆ると思ってたんですが、期待外れでした。

3時間程エサ釣りを楽しみました。

ここでの外道は、
ヘダイ。

始めて見る魚です。

さすが鯛だけあって良く引いて面白いです。

エサでの数釣り楽しめました。

ナイフの小加工。

先日赤錆防止加工したオピネルのナイフですが、刃を出し入れするのが固いので一度バラして刃をしまう部分をヤスリで削って広げました。

バラすのにだいぶ苦労しました。

刃を止めているピンが中々抜けなくて、先を平らにした釘を思いっきり打ち込んで押し出しました。

ヤスリで削って刃の出し入れがスムーズになったのを確認してからナイフの柄を腐食防止にアマニ油で半日漬け込んで、半日乾燥、組み立てて完了です。

いい感じで刃を出し入れしやすくなりました。

釣り。

土曜日、先輩と釣りに行ってきました。

クランク引き倒して来ました。

3時半から日が落ちる6時半までの3時間勝負です。

現場に到着すると風がボーボー。

出発前に天気チェックした時北西の風6mとなってたのが納得です。

第1投、風に流されクランクがあらぬ方向に飛んで行き、幸先不安でしたが、2投目でハゼからのコンタクト。

バイトが早々にあったので風あっても魚の反応はいいかと思いきや、それからは中々当たりが出ず悪戦苦闘でした。


本日の1尾目。
ハゼ癒されます。

今回もいつものゲストが来ました。

マゴチ。

油性ペンチューンのクランクはマゴチの反応がいいです。

コンコンとボトムを叩いた釣り。

底にいるエサを意識した魚が釣れます。

キビレ。

緩めのドラグをジーッと出して走ります。小さくてもよく引くので楽しい魚でした。

同じ辺りをもう一度通すと、

また来た。

もう一回来ましたが、外れてしまいました。このピンクのハーフスケルトンの感じのクランクに好反応でした。

日が暮れ納竿。

結果ハゼは12匹でした。今回も二桁の釣果で大変満足です。

クランクだと魚もまずまずの大きさで小気味いい引きも堪能出来ます。

今回は持ち帰って天ぷらにしてみます。

ブクブクシステムのおかげで家まで元気。

帰ってから捌いて、翌日天ぷらにして食べてみました。ホクホクの白身で美味しかったです。

シーバスばかりやってた時はハゼなんかなんて思ってましたが、クランクでハゼ、たまりません。

楽しい時間を過ごせました。

赤錆防止。

先日購入したオピネルのナイフに赤錆防止加工をしてみました。

刃がステンレスでは無く炭素鋼なんで水に触れるとすぐ赤錆が出てしまうそうなので黒錆を予め付けてしまい、赤錆を防止するものです。

この加工に準備するのは、紅茶、酢、ペットボトルの3点です。

まだ何も切ってない綺麗な刃。

まずは紅茶を。

グツグツ煮ます。

濃い方がいいそうなのでしっかりと煮出しました。

この作業と同時にチャーシューも作ってました。

圧力鍋でお肉トロトロです。

刃を浸す容器としてペットボトルを適当にカットします。



紅茶3に酢を1。



さあ、準備は整いました。

アルコールで脱脂したピカピカの刃をこの溶液に投入します。

ドボン。

2時間程浸けました。

紅茶&酢の溶液が黒ずんでます。

取り出して水ですすいで、
黒くなりました。

黒錆加工完成です。

釣り。

土曜日にハゼクランク行ってきました。

先週、先々週と行ってなかったので久々の釣りです。

先輩、後輩は休みとの事で自分1人で行ってきました。

今回は針掛かり重視を狙って鮎のイカリ針をテールにセットして挑みました。

入った時間が大潮の満潮前と言うことでだいぶ水深もありボトム擦るのが難儀な状態でした。

当たりは飽きない程度にあり、魚が掛かって暴れるとポロっと落ちてしまいます。鮎針は掛かりはいいけどばれ易い様な気がしました。

何度かバラしを繰り返し、ようやく水揚げ成功。

ハゼ。

小さなターゲットですが、ハードプラグで釣れるので楽しいです。

次はダイソーで買った油性マジックで塗りたくったチューンのルアーを試してみました。こちらも当たりは良く出たし、マゴチもヒットしたのでカラーとしては成功かなと思います。

一応ゴールド。

時々、

ジャンボサイズ。

でもなんだか種類が違うような。

ハゼはあまり知らなかったので、ひとくくりにハゼと呼んでましたが、少し調べてみると、このジャンボサイズはウロハゼって種類みたいです。

顔もいつものハゼと違って大きく、歯も鋭い。そして重量感たっぷりです。

暗くなり出したので、撃ちながら帰ってると、ガツンとヒット。
一気に持ってかれバラし。
同じところをもう一度通してみたらまたヒット。
ゴンゴンゴンと首を振る感じ。
マゴチかなと思ってランディングしてみると、
キビレ。

小さくても良く引きました。

今回は2時間やってハゼ11匹でした。
入れ食いにはなりませんでしたが、ハゼ二桁出たし楽しく釣りができました。
ボトムの取りやすい干潮前後ならもっと数が伸ばせそうな感じです。
前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。